Vol.156: かゆい話


ひったくり犯が捕まったと連絡

実は夏前まで居候していた1人が今年の頭に家の帰り道にひったくりにあっていた。

その犯人が捕まったと刑事課から連絡が入ったのは先日の事。
7月に捕まった犯人が約100件(被害届がある)ほど自供したうちの確認していた99件目がうちだったそうだ。

犯人は、前科があり(まぁ 泥棒は更正される可能性は皆無というが)
なんと 生活保護を受けていたそうだ。
生活保護って だれの金で 保護受けるんだ。

そして今は裁判中ですとのことですが 裁判費用は誰が出しているのか

そして少しでも刑を重くするためにも被害者確認をしているとか。

牢獄生活は誰が金を出しているのか

それもいわゆる生活保護ではないのか

そして 被害うけた本人は嫌な思い出だけのこり 盗まれたものは ひとつもかえってこない。

生活保護を受けている犯人は なんと35才
住んでいるところは なんと オイラの住む地域より家賃の高い都会のど真ん中。

なんか おかしくないか?

元気玉というか みんな おいらに少し金をわけてくれ!
みたいな
なんだか
御国の税金も似てますな。

結局加害者は裕福だったりするのだから

ちょっと いま思いつかないが なんとか したいなぁ これ

日本はほんと加害者が守られているわいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*